【第51回】学科専門・問題8(2019年1月試験)

気象庁が発表している雷ナウキャストについて述べた次の⽂(a)〜(d)の正誤について,下記の①〜⑤の中から正しいものを⼀つ選べ。

(a) 雷ナウキャストは,雷の激しさや雷の可能性を1km格⼦単位で解析し,1時間後まで予測するもので,10分毎に更新される。

(b) 雷の解析は,雷監視システムによる雷放電の検知,気象レーダー観測などを基にしている。

(c) 雷の激しさや雷の可能性は活動度1〜4で表される。活動度1は,現在雷は発⽣していないが,今後落雷の可能性があることを⽰す。

(d) 雷の予測については,雷雲の移動⽅向や雷雲の盛衰の傾向を考慮している。

① (a)のみ誤り
② (b)のみ誤り
③ (c)のみ誤り
④ (d)のみ誤り
⑤ すべて正しい

答え
⑤ すべて正しい
解説 aについて
「雷ナウキャストは,雷の激しさや雷の可能性を1km格⼦単位で解析し,1時間後まで予測するもので,10分毎に更新される。」
 
これは正しいです。気象庁HPにあるとおり、雷ナウキャストの定義そのものです。
解説 bについて
「雷の解析は,雷監視システムによる雷放電の検知,気象レーダー観測などを基にしている。」
 
これは正しいです。雷は、雷監視システム(LIDEN)や気象レーダー観測を基にして解析しています。雷監視システムの仕組みは気象庁HPにあります。
解説 cについて
「雷の激しさや雷の可能性は活動度1〜4で表される。活動度1は,現在雷は発⽣していないが,今後落雷の可能性があることを⽰す。」
 
これは正しいです。雷放電を検知していない場合でも、活動度1として雷雲が発達する可能性のある領域も解析します。
解説 dについて
「雷の予測については,雷雲の移動⽅向や雷雲の盛衰の傾向を考慮している。」
 
これは正しいです。気象庁HPにあるとおりです。

-【第51回】2019年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.