【第51回】実技1・問1(3)(2019年1月試験)

XX年8⽉31⽇から9⽉1⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図 11(左上,右上)は XX 年 8⽉31⽇18 時(09UTC),図11(左下)は8⽉31⽇15 時(06UTC),図12 は9⽉1⽇0 時(8⽉31⽇15UTC),その他はいずれも8⽉31⽇9時(00UTC)である。

問1.図1〜図5は31⽇9時の実況資料である。これらを⽤いて以下の問いに答えよ。

(3) 図5 における 850hPa〜500hPa の SSI(ショワルターの安定指数)を,符号を付した整数値で答えよ。

図5
答え
+1(+2) ℃
解説
SSI(シュワルター安定指数)は大気の安定度を表す指数です。850hPa の高度の空気を500hPa の高度まで持ち上げたとき、周囲の気温と比べて何℃高いか(低いか)を表したものです。
 SSI=(500hPa高度の気温)ー(持ち上げた空気の気温)
 
図5のエマグラム上で線を引いて気温差を見ると、だいたい+1℃~+2℃になります。よって正解は「+1℃(+2)℃」です。

-【第51回】2019年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.