【第55回】学科専門・問題5(2021年1月試験)

 気象庁では,メソモデルの初期値や境界値に少しずつ異なった誤差(摂動)を⼈⼯的に加えて複数の予測を⾏うメソアンサンブル予報を運⽤しており,その⼀つ⼀つの予測をメンバーと呼ぶ。このメソアンサンブル予報について述べた次の⽂(a)〜(c)の下線部の正誤の組み合わせとして正しいものを,下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

  1. (a) 各メンバー単独の降⽔量の予測精度は,統計的には,摂動を加えていないメソモデル単独の予測精度より劣る

  2. (b) 激しい気象現象が発⽣する可能性について,メソモデルの予測結果のみでは把握が難しい場合でも,複数のメンバーの予測結果を⽤いることにより早い段階で把握することができるようになる場合がある

  3. (c) メソモデルで予測が難しい現象は,メソアンサンブル予報でも予測が難しいが,複数のメンバーの予測結果から現象の発⽣を確率的に捉えることができるようになる

  (a) (b) (c)
答え
① 正 正 正
解説 (a)について
「各メンバー単独の降⽔量の予測精度は,統計的には,摂動を加えていないメソモデル単独の予測精度より劣る。」

これはです。

「摂動を加えていないメソモデル単独(MSM)」と「各メンバー」の予報精度を比べると、「各メンバー」のほうが予報精度は低くなります。

解説 (b)について
「激しい気象現象が発⽣する可能性について,メソモデルの予測結果のみでは把握が難しい場合でも,複数のメンバーの予測結果を⽤いることにより早い段階で把握することができるようになる場合がある。」

これはです。

解説 (c)について
「メソモデルで予測が難しい現象は,メソアンサンブル予報でも予測が難しいが,複数のメンバーの予測結果から現象の発⽣を確率的に捉えることができるようになる。」

これはです。

■参考
メソアンサンブル予報の紹介(気象庁)
気象庁メソアンサンブル予報システムの開発(気象庁,数値予報研究開発プラットフォーム)
数値予報解説資料(数値予報研修テキスト),第52巻(令和元年度),第1章:メソアンサンブル予報システム(気象庁)

<< 前の問題

次の問題 >>

-【第55回】2021年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.