【第53回】学科一般・問題14(2020年1月試験)

気象庁が⾏う予報および警報について述べた次の⽂(a)〜(d)の正誤の組み合わせとして正しいものを,下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

  1. (a) 気象庁は,気象,地象(地震にあっては,地震動に限る),津波,⾼潮,波浪及び洪⽔についての⼀般の利⽤に適合する予報及び警報をしなければならない。

  2. (b) 気象庁は,津波,⾼潮,波浪及び洪⽔以外の⽔象についての⼀般の利⽤に適合する予報及び警報をすることができる。

  3. (c) 気象庁は,気象,津波,⾼潮及び洪⽔についての⽔防活動の利⽤に適合する予報及び警報をしなければならない。

  4. (d) 気象庁は,気象,地象(地震にあっては,地震動に限る),津波,⾼潮及び波浪についての航空機及び船舶の利⽤に適合する予報及び警報をすることができる。

(a) (b) (c) (d)
答え
② 正 正 正 誤
解説 (a)について
「気象庁は,気象,地象(地震にあっては,地震動に限る),津波,⾼潮,波浪及び洪⽔についての⼀般の利⽤に適合する予報及び警報をしなければならない。」

これはです。

気象業務法第13条に記載されています。

解説 (b)について
「気象庁は,津波,⾼潮,波浪及び洪⽔以外の⽔象についての⼀般の利⽤に適合する予報及び警報をすることができる。」

これはです。

気象業務法第13条2に記載されています。

解説 (c)について
「気象庁は,気象,津波,⾼潮及び洪⽔についての⽔防活動の利⽤に適合する予報及び警報をしなければならない。」

これはです。

気象業務法第14条の2に記載されています。

解説 (d)について
「気象庁は,気象,津波,⾼潮及び洪⽔についての⽔防活動の利⽤に適合する予報及び警報をしなければならない。」

これはです。

「予報及び警報をすることができる」ではなく「予報及び警報をしなければならない」という義務です。

気象業務法第14条に記載されています。


類似問題

前の問題 次の問題

-【第53回】2020年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.