学科専門のオススメ参考書

気象予報士試験の参考書って何を買えばいいんだろう?

こんな疑問にお答えします。

今回は「学科専門」試験に合格するためのオススメ参考書を紹介します。

気象予報士試験の参考書はたくさんありますが、ここでは私が実際に使ってみてよかったものをお伝えしたいと思います。

参考書を探している人は、ぜひ参考にしてください。

学科専門のオススメ参考書

基礎知識をつけるのにオススメの参考書は2冊あります。

本屋に行って見比べてみて、自分に合いそうなものを1冊選んでみましょう。

以下、この2冊について詳しく見ていきます。

気象予報士かんたん合格テキスト<学科専門知識編>

気象予報士かんたん合格テキスト<学科専門知識編>」は、試験に出てくる内容がまとまっていてわかりやすい参考書です。

学科専門は暗記することが多くありますが、この参考書は余分なことが書かれていないので、試験対策に使いやすい1冊でした。


図解入門 最新 気象学の応用と予報技術がよーくわかる本

図解入門 最新 気象学の応用と予報技術がよーくわかる本」は、イラストが多くて取っ付きやすい参考書です。

試験に特化した書き方ではなく、気象観測や数値予報の内容をわかりやすく解説していると思います。

こちらの参考書はGoogleの書籍検索で試し読みができるので、中身を確認してみるといいでしょう。


私が試験を受けていたときは、「気象学の応用と予報技術がよーくわかる本」がまだ出版されていなかったため、「かんたん合格テキスト」のみで勉強しました。

気象会社で働き始めてから「気象学の応用と予報技術がよーくわかる本」を購入して活用しています。

「まずは試験に受かりたい!」という人は「かんたん合格テキスト」がいいと思います。

「イラストが多いほうが良い」「数値予報の難しい部分を分かりやすく解説してほしい」という人は「気象学の応用と予報技術がよーくわかる本」を読んでみるといいでしょう。

-参考書・問題集

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.