【第53回】学科一般・問題15(2020年1月試験)

災害対策基本法における発⾒者の通報義務に関する次の⽂章の空欄(a)〜(d)に⼊る適切な語句の組み合わせを,下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

 災害が発⽣するおそれがある異常な現象を発⾒した者は,(a),その旨を市町村⻑⼜は(b)若しくは海上保安官に通報しなければならない。通報を受けた (b) ⼜は海上保安官は,その旨をすみやかに市町村⻑に通報しなければならない。通報を受けた市町村⻑は,(c) の定めるところにより,その旨を (d) その他の関係機関に通報しなければならない。

  (a) (b) (c) (d)
遅滞なく 消防職員 地域防災計画 都道府県知事
遅滞なく 警察官 地域防災計画 気象庁
直ちに 消防職員 地域業務計画 内閣府
直ちに 警察官 地域業務計画 気象庁
遅滞なく 消防職員 地域業務計画 都道府県知事
答え
② 遅滞なく 警察官 地域防災計画 気象庁
解説 (a)(b)について
災害が発⽣するおそれがある異常な現象を発⾒した者は,遅滞なく,その旨を市町村⻑⼜は警察官若しくは海上保安官に通報しなければならない。」

災害対策基本法第54条に、問題文の通りに記載されています。

個人的には、「"異常な現象を発⾒した者"って一般人も含まれるよな...だとしたら"直ちに"という厳しい条件じゃなくて、"遅延なく"のほうが当てはまりそうだな。」と考えて、①②⑤に絞ります。

解説 (c)(d)について
「通報を受けた市町村⻑は,地域防災計画の定めるところにより,その旨を気象庁その他の関係機関に通報しなければならない。」

災害対策基本法第23条の2災害対策基本法第54条4に記載されています。

ちなみに「地域業務計画」というのはありません。「防災業務計画」はあります。

参考
  • 防災基本計画
    中央防災会議が作成する、防災に関する基本的な計画。
  • 防災業務計画
    指定行政機関の長及び指定公共機関が、防災基本計画に基づいて作成する防災対策に関する計画。
  • ・指定行政機関…気象庁、警察庁、国交省、環境省、など(内閣府HP
    ・指定公共機関…研究所、鉄道会社、NHK、通信会社など(内閣府HP

  • 地域防災計画
    一定地域に係る防災に関する計画。例えば以下のものが該当する。
  • ・都道府県地域防災計画…都道府県防災会議が作成する
    ・市町村地域防災計画…市町村防災会議又は市町村長が作成する。

    個人的には、「"地域○○計画"って"業務"じゃなくて"防災"だよな。"業務"が付くのは"防災業務計画"のはず。」と考えて、①②に絞ります。

    さらに「異常な現象が起きているなら、まずは現象の特定をする必要があるから、都道府県知事じゃなくて気象庁に知らせるべきかな。」と考えて、②に決めます。


類似問題

前の問題 次の問題

-【第53回】2020年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.