【第53回】学科専門・問題15(2020年1月試験)

図A は,ある年の2月の月平均500hPa 高度(実線)と平年差(塗りつぶし)であり,図Bは,月平均海面気圧(実線)と平年差(塗りつぶし)である。これらの図から読み取れる大気と海洋の特徴について述べた次の文章の空欄(a)~(c)に入る語句の組み合わせとして正しいものを,下記の①~⑤の中から1つ選べ。

 図Aでは,アリューシャン列島の東で正偏差,北米北部で負偏差,北米南東部で正偏差の波列パターンがみられる。これは,(a) が発生しているときに現れやすいパターンである。また,ヨーロッパから極東域にかけては,ヨーロッパ付近で負偏差,西シベリアから中央シベリアにかけて正偏差,極東域で負偏差の波列パターンがみられ,これは(b)と呼ばれる。
 図Bでは,地上のアリューシャン低気圧の勢力は中心の東側で平年よりも(c)なっており,(a)が発生しているときの特徴がみられる。


  (a) (b) (c)
エルニーニョ現象 北極振動 弱く
エルニーニョ現象 ユーラシアパターン 強く
ラニーニャ現象 北極振動 弱く
ラニーニャ現象 ユーラシアパターン 弱く
ラニーニャ現象 ユーラシアパターン 強く

答え
④ ラニーニャ現象 ユーラシアパターン 弱く

解説
作成中

前の問題

-【第53回】2020年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.