高度と気圧【大気の力学】

等高度線と等圧線

等高度線と等圧線の対応を考えていきます。

A地点、B地点、C地点において、高度5100m、5000m、4900mの気圧を測ります。測った結果は表の通りです。これを気圧軸と高度軸にわけて書いてみます。

気圧軸

高度軸

気圧軸のある面(ここでは500hPa等圧面)と高度軸のある面(ここでは5000m等高度面)を比較します。

よって高層天気図では

  • 等高度線の数字が小さい(=高度が低い)ところは低気圧
  • 等高度線の数字が大きい(=高度が高い)ところは高気圧

だとわかります。

-大気の力学, 気象の知識

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.