【第54回】学科一般・問題8(2020年8月試験)

中緯度の温帯低気圧が発達し,その発達過程が終了した段階における特徴について述べた次の文(a)〜(c)の正誤の組み合わせとして正しいものを,下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

  1. (a) 対流圏上層に,切離した低気圧があることが多い。

  2. (b) 南半球においては,発達時に上空に向かって東に傾いていた気圧の谷の軸がほぼ鉛直となる。

  3. (c) 地上低気圧の上空には,対流圏界面の高度が周囲より低いところがある。

  (a) (b) (c)
答え
③ 正 誤 正
解説 (a)について
「対流圏上層に,切離した低気圧があることが多い。」

これはです。

温帯低気圧が発達していくと、偏西風の波動が大きくなって、気圧の低い部分が切り離されます。

そのため温帯低気圧が発達しきったとき、上空には切離低気圧があることが多いです。

温帯低気圧の発達の模式図(一般気象学p,183図7.14)

解説 (b)について
「南半球においては,発達時に上空に向かって東に傾いていた気圧の谷の軸がほぼ鉛直となる。」

これはです。

南半球でも偏西風は西から東に向かって吹いているので、気圧の谷の軸は西に傾きます。

解説 (c)について
「地上低気圧の上空には,対流圏界面の高度が周囲より低いところがある。」

これはです。

温帯低気圧が発達しきって上空に切離低気圧があるとき、切離低気圧の中心付近には、対流圏界面の高度が周囲より低いところがあります。

対流圏界面がへこんで、その上の成層圏の温度が周囲より高くなっています。

-【第54回】2020年8月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.