【第51回】実技2・問1(2)(2019年1月試験)

XX年2⽉4⽇から5⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図5(上)のみ2⽉4⽇9時(00UTC),その他はいずれも2⽉4⽇21時(12UTC)である。

問1. 図1は4⽇21時の地上天気図,図2は4⽇21時の300hPa天気図,図3は4⽇21時の気象衛星画像,図4は4⽇21時の解析図と4⽇21時を初期時刻とする12,24時間予想図,図5は4⽇9時を初期時刻とする12時間予想図と4⽇21時を初期時刻とする12,24時間予想図である。これらを⽤いて以下の問いに答えよ。

(2) 図2によれば,4⽇21時の300hPa⾯では強⾵軸が複数認められ,そのうち1本が⽮印付きの太破線で表⽰されている。この強⾵軸より北側に存在する強⾵軸1本を,図3参考にしながら,⽮印付きの実線で解答図に記⼊せよ。

図2
図3
答え

解説
衛星画像をヒントにして強風軸の位置を求める問題です。衛星画像で強風軸の目安となるのは、水蒸気画像の暗域です。図3の暗域を図2に照らし合わせると、風が強い部分と一致していることがわかります。
 
よって正解は下図のようになります。

-【第51回】2019年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.