地衡風【大気の力】

地衡風

気圧傾度力コリオリ力の影響を加味した力」を地衡風といいます。

  • 気圧傾度力=高気圧から低気圧に向かってはたらく力
  • コリオリ力=地球の自転によってはたらく力

静止している空気には気圧傾度力がはたらいて、高気圧側から低気圧側に向かって動き始めます。

コリオリ力の大きさは「2ΩVsinΦ」なので、空気が動き始めてV(風速)が大きくなると、コリオリ力も大きくなります。

すなわち、風が右へ右へと曲げられるようになります。

最終的に気圧傾度力とコリオリ力がバランスをとって、等圧線に沿って風が吹くようになります。

これが地衡風です。

北半球の場合、地衡風は「低気圧を左側」「高気圧を右側」にして吹きます。

地衡風の大きさ

-大気の力学, 気象の知識

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.