【第52回】実技1・問1(5)(2019年8月試験)

XX年9⽉9⽇から10⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図10は8⽇21時(12UTC),図12は9⽇0時(8⽇15UTC),その他はいずれも9⽇9時(00UTC)である。

問1.図1は地上天気図,図2は500hPaおよび850hPaの天気図,図3は気象衛星画像であり,時刻はいずれも9⽇9時である。また,図4は9⽇12時の地上実況図である。これらを⽤いて,以下の問いに答えよ。

(5) 図4は台⾵周辺の地上実況図であり,気圧および⾵の観測値および1002hPa以上の等圧線が2hPaごとに記⼊されている。この図に1000hPaの等圧線を実線で記⼊せよ。また,この図から推定される台⾵の中⼼位置の緯度と経度を0.1°刻みで答えよ。

図4
答え
 
北緯 35.9 °、東経 136.9°(137.0°)
解説 等圧線について
図4の下の欄を見ると「地点に付した数字:0.1hPa単位で表した海面気圧の下3桁」と書いてあります。よって図4では
・978=997.8hPa
・005=1000.5hPa
といったように表されています。
これを踏まえて図4を見ていきます。
図の左側や下側には1000hPa以上の点があります。
図の上側には999.8hPaや999.3hPaなど1000hPaに近い値の点があります。
図の右側は998.8hPaや997.8hPaなど、他の点と比べると1000hPaよりだいぶ低い点があります。
これらを元に1000hPaの等圧線を書くと以下のようになります。
解説 台風の中心位置について
台風の中心位置は風向で判断していきます。具体的には、反時計回りに渦を巻いている所の中心が「台風の中心」だと推測できます。
 
図4を見てみると風向が反時計回りに渦を巻いている所が見られます。さらに他の地点より風が強い所(50kt)があります。台風の東側は、危険半円と呼ばれることもありますが、風が強く吹きやすいです。
よって台風の中心位置は上図の×のあたりで、「北緯 35.9 °、東経 136.9°」です。

-【第52回】2019年8月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.