【第52回】実技1・問1(2)(2019年8月試験)

XX年9⽉9⽇から10⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図10は8⽇21時(12UTC),図12は9⽇0時(8⽇15UTC),その他はいずれも9⽇9時(00UTC)である。

問1.図1は地上天気図,図2は500hPaおよび850hPaの天気図,図3は気象衛星画像であり,時刻はいずれも9⽇9時である。また,図4は9⽇12時の地上実況図である。これらを⽤いて,以下の問いに答えよ。

(2) 図1,図2(上)を⽤いて,本州付近にある500hPaの低気圧中⼼と地上の台⾵中⼼との位置関係,および500hPaの低気圧中⼼とその周辺の気温分布の特徴を,この台⾵が温帯低気圧に変わりつつあることに着⽬して,解答⽤紙に⽰した書き出しを含めて 55字程度で述べよ。

図1
図2
答え
500hPaの低気圧中心は,地上の台風中心の北西にあり,気温は低気圧中心の東側で高く西(北西)側で低くなっている。(「500hPa の低気圧中心は,」を含めて 53 字)
解説
図2(上)に、地上の台風の中心を書きます。
まず低気圧と台風の位置関係をみると、500hPaの低気圧中心は、地上の台風中心の北西側にあります。
 
次に気温分布を読み取ります。500hPaの低気圧中⼼にはー6℃の等温線が描かれていて、低気圧中心の東側はー6℃以上、西側はー6℃以下になっています。
 
問題文に「台⾵が温帯低気圧に変わりつつあることに着⽬して」とありますが、台風が温帯低気圧に変わるときは軸対象の構造が崩れるという特徴があります。今回は、東西方向に温度差がみられるようになったことで、軸対象が崩れ始めているといえます。
 
よって正解は「500hPaの低気圧中心は,地上の台風中心の北西にあり,気温は低気圧中心の東側で高く西側で低くなっている。」といった感じです。

-【第52回】2019年8月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.