【第51回】実技2・問2(1)④(2019年1月試験)

XX年2⽉4⽇から5⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図5(上)のみ2⽉4⽇9時(00UTC),その他はいずれも2⽉4⽇21時(12UTC)である。

問2. 図6は4⽇21時の解析図と4⽇21時を初期時刻とする12,24時間予想図,図7は 4⽇21時を初期時刻とする12,24時間予想図である。これらと図1〜図5を⽤いて以下の問いに答えよ。

(1)4⽇21時に四国の南海上にある低気圧の予想に関連して,以下の問いに答えよ。

④問1(2)で解答した300hPa⾯の強⾵軸に対応する500hPa⾯の強⾵軸の推移を図6に基づいて考察し,5⽇21時の関東の南東海上における500hPa⾯の強⾵軸に最も近い等⾼度線の値を答えよ。また,5⽇21時における500hPa⾯の強⾵軸からみたこの低気圧の中⼼位置を簡潔に述べよ。

図2
図6
図7
答え
等高度線:5520m、中心位置:強風軸の北側
解説
「問1(2)で解答した300hPa⾯の強⾵軸」は以下です。これは4日21時です。
 
上図の強風軸の位置と、図6(上)の渦度解析図を照らし合わせると、強風軸は渦度0線に沿って引かれていることがわかります。よって5⽇21時における500hPa⾯の強⾵軸は、図6(下)の渦度0線を見ればよいとわかります。さらに図7より、地上低気圧の中心を書き込むと下図のようになります。
 
よって強風軸に最も近い等高度線は「5520m」、強⾵軸からみたこの低気圧の中⼼位置は「強風軸の北側」となります。

-【第51回】2019年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.