【第51回】実技2・問1(6)(2019年1月試験)

XX年2⽉4⽇から5⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図5(上)のみ2⽉4⽇9時(00UTC),その他はいずれも2⽉4⽇21時(12UTC)である。

問1. 図1は4⽇21時の地上天気図,図2は4⽇21時の300hPa天気図,図3は4⽇21時の気象衛星画像,図4は4⽇21時の解析図と4⽇21時を初期時刻とする12,24時間予想図,図5は4⽇9時を初期時刻とする12時間予想図と4⽇21時を初期時刻とする12,24時間予想図である。これらを⽤いて以下の問いに答えよ。

(6)4⽇21時の気圧分布の特徴が分かりやすくなるように,解答図に1018hPaの補助等圧線を破線で記⼊せよ。ただし,図1に⽰した船舶Aの海⾯気圧は1017.5hPa,⼋丈島の海⾯気圧は1017.6hPa,南⼤東島の海⾯気圧は1019.1hPa,(5)で考察した関東の南東海上の弱いじょう乱の中⼼気圧は1017hPaである。

図1
答え
解説
問題文に出てくる気圧と図1で解析されている低気圧・高気圧の気圧を書き足してみます。
山陰沖の低気圧は中心気圧1018hPaですが、すでに補助等圧線が取り囲んでいるのでここは通りません。書き足した気圧を参考に1018hPa線を引くと解答のようになります。

-【第51回】2019年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.