【第51回】実技1・問4(2)(2019年1月試験)

XX年8⽉31⽇から9⽉1⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図 11(左上,右上)は XX 年 8⽉31⽇18 時(09UTC),図11(左下)は8⽉31⽇15 時(06UTC),図12 は9⽉1⽇0 時(8⽉31⽇15UTC),その他はいずれも8⽉31⽇9時(00UTC)である。

問4. 図13は厳原(位置を図1に⽰す)における⾼層⾵の時系列図,図14は厳原の地上観測の時系列図である。これらおよび図6〜図8を⽤いて以下の問いに答えよ。

(2)図14 および図6〜図8 を⽤いて,1⽇4時に福岡管区気象台が発表した地⽅気象情報のうち,⼤⾬に関する防災事項について述べた以下の⽂章の空欄(①)〜(⑤)に⼊る適切な語句または整数値を答えよ。

 対⾺海峡には,前線を伴った低気圧があって(①)に進んでいます。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み,九州北部地⽅では,⼤気の状態が(②)となっています。
 このため,厳原では午前3時までの3時間に141mmの⼤⾬となっています。また,その間の1時間降⽔量は最⼤で(③)mmに達しています。九州北部地⽅ではこれから1⽇の昼前にかけて,局地的に雷を伴った⾮常に激しい⾬が降り,⼤⾬となるおそれがあります。⼟砂災害,(④),(⑤)に厳重に警戒してください。

図6

図7

図8

図14

答え
① 北北東(北東) ② 不安定 ③ 90
④ 低地の浸⽔ ⑤ 河川の増⽔や氾濫 (④と⑤は順不同)
解説 ①②について
「対⾺海峡には,前線を伴った低気圧があって(①)に進んでいます。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み,九州北部地⽅では,⼤気の状態が(②)となっています。」
 
図7に、図6と図8の低気圧の位置を書いて、進行方向の方角を読み取ります。
よって①の正解は「北北東(北東)」です。
 
②は大気の状態を聞かれているので、「安定」または「不安定」が答えだと見当をつけます。低気圧や前線があって湿った空気が流れ込んでいるので、対流雲が発生して雨が降りやすい状況です。よって②の正解は「不安定」です。
解説 ③について
「厳原では午前3時までの3時間に141mmの⼤⾬となっています。また,その間の1時間降⽔量は最⼤で(③)mmに達しています。」
 
10分間降水量の多いところ6個分を合計して求めます。
9+12+18+26+12+14=90です。
よって正解は「90」mmです。
解説 ④⑤について
「⼟砂災害,(④),(⑤)に厳重に警戒してください。」
 
大雨の時に注意・警戒すべき事項は3点あります。「土砂災害」「低地の浸水」「河川の増水や氾濫」です。これはたびたび出題されるので、覚えてしまうのが良いと思います。
よって正解は「低地の浸水」「河川の増水や氾濫」です。

-【第51回】2019年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.