【第51回】実技1・問3(2)(2019年1月試験)

XX年8⽉31⽇から9⽉1⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図 11(左上,右上)は XX 年 8⽉31⽇18 時(09UTC),図11(左下)は8⽉31⽇15 時(06UTC),図12 は9⽉1⽇0 時(8⽉31⽇15UTC),その他はいずれも8⽉31⽇9時(00UTC)である。

問3. 図11 は9⽉1⽇0時,3時を対象とするメソモデルの予想図,1⽇0 時を対象とする全球モデルの予想図,および解析⾬量による1⽇0時の3時間降⽔量,図12は1⽇0時を初期時刻とする降⽔短時間予報である。これらおよび図7を⽤いて以下の問いに答えよ。

(2)図12を⽤いて,降⽔短時間予報による1時間先から3時間先までの5mm/h以上の降⽔域の広がり,およびその降⽔域内の強度の変化を25字程度で述べよ。

図12
答え
北⻄部で広がり南東部で狭まるが,強度は変わらない。(25 字)
解説
図12における降水域の変化を読み取ります。
ちなみに問3(1)では「図7の低気圧Aに伴う東シナ海から対⾺の東海上にかけての降⽔域について」と降水域の場所に指定がありましたが、この問題では指定がないので図全体を見ていきます。
 
5mm/h以上の降⽔域は北西部分と南東部分にあるので、それぞれの降水域と強度を見ていきます。
 
●北西部(赤枠)
・降水域→広くなる
・強度→変わらない(1日1時~3時まで、20mm/h以上の濃い青色の領域がある)
 
●南東部(青枠)
・降水域→狭くなる
・強度→変わらない(1日1時~3時まで、80mm/h以上の赤色の領域がある)
 
よって正解は「北⻄部で広がり南東部で狭まるが,強度は変わらない。」です。

-【第51回】2019年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.