【第53回】学科一般・問題12(2020年1月試験)

 気象の予報業務の許可を受けた者が,予報業務を⾏った場合にしなければならない事項(a)〜(d)の正誤の組み合わせとして正しいものを,下記の①〜⑤の中から1つ選べ。

  1. (a) 予報事項の内容及び発表の時刻の記録
  2. (b) 予報事項に係る現象の予想を⾏った気象予報⼠の⽒名の記録
  3. (c) 気象庁の警報事項を利⽤者に伝達した者の⽒名(ただし,当該許可を受けた予報業務の⽬的及び範囲に係るものに限る)の記録
  4. (d) 記録の3年間保存
(a) (b) (c) (d)
答え
② 正 正 誤 誤
解説
気象業務法施行規則の第12条2項を要約すると以下の通りです。

<気象業務法施行規則の第12条2項>
予報業務の許可を受けた事業者が予報業務を行なった場合、事業所ごとに次に掲げる事項を記録し、その記録を2年間保存しなければならない。

  • 予報事項の内容及び発表の時刻
  • 気象予報士の氏名
  • 気象庁の警報事項の利用者への伝達の状況

よって(a)と(b)はです。

(c)はです。

(b)の「予報事項」の場合は事業者独自の情報であるため、予報した気象予報士が誰なのかを記録する必要があります。

しかし(c)の「気象庁の警報事項」の場合、気象庁が発表した情報を伝達するだけなので、気象予報士の名前を記録する必要はありません。

(d)はです。3年間ではなく2年間です。


類似問題

前の問題 次の問題

-【第53回】2020年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.