【第51回】実技2・問2(1)②(2019年1月試験)

XX年2⽉4⽇から5⽇にかけての⽇本付近における気象の解析と予想に関する以下の問いに答えよ。予想図の初期時刻は,図5(上)のみ2⽉4⽇9時(00UTC),その他はいずれも2⽉4⽇21時(12UTC)である。

問2. 図6は4⽇21時の解析図と4⽇21時を初期時刻とする12,24時間予想図,図7は 4⽇21時を初期時刻とする12,24時間予想図である。これらと図1〜図5を⽤いて以下の問いに答えよ。

(1)4⽇21時に四国の南海上にある低気圧の予想に関連して,以下の問いに答えよ。

② 図6(下)には,5⽇21時においてこの低気圧に対応する500hPa⾯のトラフの予想位置が太実線で表⽰されている。解答図に,このトラフの5⽇9時の位置を太実線で記⼊せよ。

図6
答え
解説
「図6(下)には,5⽇21時においてこの低気圧に対応する500hPa⾯のトラフの予想位置が太実線で表⽰されている。解答図に,このトラフの5⽇9時の位置を太実線で記⼊せよ。」
 
トラフを解析する問題です。図6(下)を参考にするよう指示されています。
 
上図より以下2点が読み取れると思います。
・高度5340~5520m付近でトラフの解析をしている
・正渦度極大域(+190)の近くにトラフを解析している
 
これを参考にして5⽇9時のトラフの位置を考えます。
高度5340~5520m付近で凸状に出っ張っている所を見ると、正渦度極大域(+149,+141,+143)があることがわかります。
最も凸状に出っ張ったところに、一番大きい+149の正渦度極大域があるので、ここを通るようにして高度5340~5520mの範囲に線を引けばよいと思われます。
よって正解は以下の黒線のような感じです。

-【第51回】2019年1月試験
-

Copyright© 気象予報士試験ドットコム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.